2023.09.5

2023.09.5

コンバージョン率とは?ECビジネスの基本

テスト見出し(コンテンツの一番最初に表示されたh1~h6はmargin-top:0にする)

ECビジネスの成功を測る一つの重要な指標がコンバージョン率です。

この記事では、

  • コンバージョン率とは?
  • コンバージョン率の計算公式
  • コンバージョン率の平均値
  • コンバージョン率の改善

について解説します。

コンバージョン率とは?

コンバージョン率 (CVR ) とは、ウェブサイトの訪問者が実際に購入や登録などの目的を達成する割合を示すものです。

ECサイトでいうコンバージョン率とは、アクセス数に対してどれくらい割合で商品が購入されたかを表しています。購入率と呼ばれたりもします。

コンバージョン率の計算公式

コンバージョン率は、以下の公式を用いて計算されます。

コンバージョン率 = (訪問者数÷コンバージョン数) × 100

ECサイトのコンバージョン(最終行動)とは商品購入のことです。

たとえば、100人の訪問者があってそのうち3人が商品を購入した場合、コンバージョン率は次のように計算できます。

コンバージョン率=(3÷100)×100=3

これは、3%の訪問者が実際に購買行動に移ったことを示しています。

自分のショップのコンバージョン率を出してみたけど、この数字はいいの?悪いの?次に平均値についてご説明します。

コンバージョン率の平均値

ECサイトにおけるコンバージョン率の平均値は、ビジネスの性質や業界によって異なります。

しかし、一般的な目安として、コンバージョン率は1%〜3%程度とされています。

これは、ウェブサイトを訪れた100人中2人から3人が実際に購買や目的達成などの行動を取る割合を意味します。

これらの数字は、業界全体の一般的な傾向を示していますが、実際のECサイトにおけるコンバージョン率は、商品やターゲット層、サイトの質などによって大きく変動することがあります。

自社のECサイトのコンバージョン率を分析し、競合他社と比較することで、自身のビジネスがどの程度の数字を目指すべきかを判断するのが良いでしょう。

コンバージョン率の改善

コンバージョン率の向上は、売上の増加に直結します。

改善のためには、SEO対策や広告宣伝、SNS活用など、訪問者数を増やす努力が欠かせません。

次に、ウェブサイトの質を向上させることも大切です。
使いやすいサイトデザインや分かりやすい商品情報、迅速なチェックアウトプロセスなどがコンバージョン率を向上させるポイントです。

また、A/Bテストや顧客のフィードバックを活用して、どの要素がコンバージョン率に影響を与えているかを分析し、改善策を見つけることも重要です。

例えば、ボタンの色や配置、価格設定などがコンバージョン率に影響を及ぼすことがあります。

施策を行った前後のコンバージョン率の変化を確認して、その要因を突き止め次の施策に活かしましょう。

まとめ

今回はECサイトにおけるコンバージョン率についてお伝えしました。

ECビジネスの成果を最大化するために、コンバージョン率の改善を意識しましょう。

数字に裏付けられたアクションを通じて、サイトの効果的な最適化を進めることが成功への道です。

すぐに結果につながらない場合にも、繰り返し分析と改善を行うことで少しずつ成長させていきましょう。

ABOUT

この記事をかいた人

avatar_dummy
Koz